【変更も新規も】ポケットwifi 在庫ありでおすすめのものは?どんなときもwifiとの比較も

ポケットwifi
ギガWi-Fi(株式会社メディアサービス)

容量:無制限
月額:3,250円〜
縛り:2年
違約金:24ヶ月まで18,000円、26ヶ月目〜9,500円
発送:最短即日発送

通信障害速度が遅いといった口コミも少ない。どんなときもwifiと比べてもコスパは良

どこよりもWiFi(株式会社Wiz)

容量:3種類(無制限、20GB縛りあり、20GB縛りなし)
月額:3,380円(無制限)、2,480円〜2,980円(20GB)
縛り:2年(無制限、20GB縛りありのみ)
違約金:9,500円(無制限、20GB縛りありのみ)
発送:翌日発送可能

違約金が安い。容量20GBも選択可能。

Ex WiFi(株式会社ファイナルブルー)

容量:50GB/月
月額:2,980円
縛り:3年
違約金:9,500円(+3年以内の解約は端末の残額)
発送:最短3~4日でお届け

50GBの制限があるが月額は安くなる。3年契約がややネック。

テレワーク、在宅勤務の影響もあって、各社のポケットwifiも在庫が少なくなっているようですね。

現時点で、在庫ありのポケットwifiの中でおすすめなものを選んでみました。

無制限のポケットwifiでダントツ人気などんなときもwifi(現在は受付停止)との比較もしてみたので、wifiの変更や新規申し込みを考えてる人は参考にしてください。

ポケットwifiの選び方のポイント

主な選び方のポイントは以下の通りです。

在庫の有無

在庫があるのが大前提です。

出荷に遅れがあるようなものもマイナスポイントなので、申し込みの際は確認してから申し込むようにしましょう。

通信容量の制限

現在主流のものは、容量が無制限のもの(いわゆるギガ放題的なもの)です。

ただし、人によっては、無制限の必要がないケースもあるため、その場合は必要に応じて通信容量を選択するのが良いでしょう。

月額

もちろん月額が安い方が良いですが、契約年数や違約金にも着目して総合的にバランスが良いものが良いでしょう。

契約年数と違約金

通常は2年、3年の契約年数が多いです。

違約金は製品ごとに大きく変わるケースもあり、また、同じ製品内でも経過月によって金額が変わるものがあります。

契約年数まで使いきらない可能性がある場合は、なるべく違約金が安いものを選択するなども考慮しましょう。

初回事務手数料

通常は初回事務手数料に3,000円かかる製品がほとんどです。

おすすめランキングTOP3|どんなときもwifiとの比較も

それでは、在庫ありのポケットwifiのおすすめランキングです。

前述の選び方のポイントをもとにTOP3を挙げています。

人気製品のどんなときもwifiとの比較も記載しました。

 

1位:ギガWi-Fi
4.5

第1位は、株式会社メディアサービスのギガWi-Fiです。

ポイント ギガWi-fi どんなときもwifi
通信容量の制限 無制限 無制限
月額 3,250円(U2s端末)、3,480円(G4端末) 3,480円(25ヶ月目以降3,980円)
契約年数と違約金 2年 初月~24ヶ月:18,000円、26ヶ月目以降:9,500円 2年 0〜12ヶ月:19,000円、13〜24ヶ月:14,000円、26ヶ月目以降:9,500円
初回事務手数料 3,000円 3,000円
その他 最短即日発送 新規受付停止中

ギガwifiは上記の通り、通信容量が無制限であり、無制限クラウドsimの中では月額も最安級です。この点はメリットと言えます。

契約年数は一般的な2年であり、期間内の違約金も一般的な金額なので、この点では大きなメリットがあるとは言えません。

しかし、無制限で使えるポケットwifiの新規契約の停止が相次いでいる中、在庫があるポケットwifiの中では、一般的な金額で使える貴重な製品と言えます。

端末のスペックも普通プランではU2sであり、他のクラウドsimと同様なのでスペックは問題ありません。

どんなときもwifiと比較しても特別に劣る点はなく、通信障害や速度が遅いといった内容の口コミもあまりないため、おすすめの製品です。

\在庫があるうちに申し込みを/ギガWi-Fiの公式サイトへ

 

2位:どこよりもWiFi
4

第2位は、株式会社WizのどこよりもWiFiです。

ポイント どこよりもWiFi どんなときもwifi
通信容量の制限 3種類(無制限、20GB縛りあり、20GB縛りなし) 無制限
月額 3,380円(無制限)、2,480円(20GB縛りあり)、2,980円(20GB縛りなし) 3,480円(25ヶ月目以降3,980円)
契約年数と違約金 2年 9,500円(無制限、20GB縛りありのみ) 2年 0〜12ヶ月:19,000円、13〜24ヶ月:14,000円、26ヶ月目以降:9,500円
初回事務手数料 3,000円 3,000円
その他 翌日発送可能 新規受付停止中

どこよりもwifiは上記の通り、プランが2種類ありますが、やはり人気なのは無制限プランです。

無制限プランの場合、他社の無制限クラウドsimと同様、U2sの端末で、契約年数は2年です。

月額は3,380円であり、1位に挙げたギガwifiよりも少し高いですが、2年を満たずに解約した場合の違約金はどこよりもwifiの方が安いというメリットがあります。

違約金の点からどこよりもwifiを選択するのも良いでしょう。

無制限以外のプランは1ヶ月あたりの容量制限が20GBまでとなります。契約年数の縛りを入れるとさらに月額が安くなるため、無制限の必要がない場合はこちらのプランもおすすめです。

どんなときもwifiと名前も似てますが、やはり大きな違いは違約金の安さです。容量無制限が良いけど2年も使わない可能性があるという場合は、どこよりもwifiが良い選択肢と言えます。

 

3位:Ex WiFi
3.5

第3位は、株式会社ファイナルブルーのEx Wifiです。

ポイント Ex WiFi どんなときもwifi
通信容量の制限 50GB 無制限
月額 2,980円 3,480円(25ヶ月目以降3,980円)
契約年数と違約金 3年 9,500円(+3年以内の解約は端末の残額) 2年 0〜12ヶ月:19,000円、13〜24ヶ月:14,000円、26ヶ月目以降:9,500円
初回事務手数料 3,000円 3,000円
その他 最短3~4日でお届け 新規受付停止中

Ex WiFiは容量の上限が決まっており、1ヶ月あたり50GBまでです。

この点はデメリットですが、実際には1ヶ月50GBでも十分なケースもあるため、第3位としました。

参考までに公式ページの50Gの例は、youtubeが512kbps動画で155時間(1日あたり5時間)、音楽ストリーミングが455時間(1日あたり15時間)、LINE通話が124時間(1日あたり4時間)と行った内容です。

上記の容量の例で十分という場合は、月額が3,000円を切るというメリットがあるため、Ex WiFiも選択肢の一つと言えるでしょう。

その他のデメリットとして、契約期間の縛りが3年という点があります。また、違約金自体は9,500円なので一般的か少し安いと言えますが、3年にみたいないで解約すると、端末の残額(残月1ヶ月当たり1,000円)を払う必要があるのでその点は注意しましょう。

どんなときもwifiと比べても、やはり通信容量制限と契約期間が長い点はデメリットですが、月額の安さはメリットと言えます。

在庫は日々変動中

ポケットwifiのおすすめを紹介しましたが、在庫は日々変動しています。

どんなときもwifiのように急に新規受付停止となるケースも可能性とあるため、ポケットwifiの使用を検討している場合は、いずれの製品でも早めの申込みが良いでしょう。

最後にランキングを再度おさらいしておきます。

ギガWi-Fi(株式会社メディアサービス)

容量:無制限
月額:3,250円〜
縛り:2年
違約金:24ヶ月まで18,000円、26ヶ月目〜9,500円
発送:最短即日発送

通信障害速度が遅いといった口コミも少ない。どんなときもwifiと比べてもコスパは良

どこよりもWiFi(株式会社Wiz)

容量:3種類(無制限、20GB縛りあり、20GB縛りなし)
月額:3,380円(無制限)、2,480円〜2,980円(20GB)
縛り:2年(無制限、20GB縛りありのみ)
違約金:9,500円(無制限、20GB縛りありのみ)
発送:翌日発送可能

違約金が安い。容量20GBも選択可能。

Ex WiFi(株式会社ファイナルブルー)

容量:50GB/月
月額:2,980円
縛り:3年
違約金:9,500円(+3年以内の解約は端末の残額)
発送:最短3~4日でお届け

50GBの制限があるが月額は安くなる。3年契約がややネック。

コメント